⼈材採⽤サービスの選定から、実務のサポートまで。エンジニア含む11名の中途社員を採⽤。/GMOアドパートナーズ株式会社

2019.12.06 編集: 鈴木友里
設⽴20周年を迎えられる『GMOアドパートナーズ株式会社』。同社では、GMOアドマーケティング、GMO NIKKO、GMOインサイト、GMOソリューションパートナーの4社の採⽤管理を包括されています。中途採⽤において抱えていらっしゃる課題、そしてSparkのサービスに関して、開発本部⻑の張樹春様(以下張)と⼈事総務部の⼀刈汐⾥様(以下⼀刈)にお話を伺いました。

まず、おふたりのご経歴を教えてください

私は上海出⾝で、⼤学卒業後の3年間はオムロンでエンジニアとして働いていました。その後来⽇し、JWord株式会社(※現GMOインサイト株式会社)にジョインしました。現在はGMOアドマーケティング株式会社の開発本部 本部⻑としてエンジニアの採⽤にも携わっています。

⼀刈

私はGMOインターネットグループ、広告メディアセグメントの事業会社4社を管理する、GMOアドパートナーズに新卒で⼊社しました。始めは新卒採⽤の担当をしており、今は⼈事総務部として中途採⽤に加え、グループの横断戦略を考えるなど、より内部のことにも関わるようになりました。

これまで、⼈事コンサルやエージェントを利⽤されたことはありましたか?

Sparkさんのような、⼈事コンサルタントにお願いしたのは、今回が初めてですね。

⼀刈

そうですね。エージェントを通して採⽤したことは今までにもありましたが、それだけでは採⽤が難しい職種もあり、Sparkさんの⼒をお借りすることになりました。

採⽤において、どのような課題があったのでしょうか?

⼀刈

⼀つは、採⽤チームの体制が整っていなかったことです。社員の離職などもあり、採⽤において経験のある社員がほとんどいなかったので、求⼈サービスに関するノウハウがありませんでした。採⽤チームを再構築する中で、採⽤の機能をもう⼀度、整理しました。採⽤担当者の離職の都度、補充をしていては、固定費が増えるだけと考え、特に動きの速い採⽤市場において、最新の動向や⼿法、アプローチなどは、外部のプロフェッショナルにお願いしようとなりました。こうして、Sparkさんに、サポートに⼊っていただきました。社内メンバーとプロフェッショナルのSparkさんがタッグを組み、それぞれの役割を発揮することにより、私たちだけではできないことにチャレンジできるようになりました。

エンジニア採⽤にも課題がありました。エンジニアは今特に売り⼿市場で、競合が⾮常に多いです。しかしSparkさんにご協⼒いただいたことで、AWSの知⾒を持つ若⼿インフラエンジニアを採⽤することができました。

その課題に、Sparkとどのように取り組まれたのでしょうか?

まずは複数のサービスがある中で、どれを使って募集をかけるかといった媒体の選定を⾏いました。最終的には、Green、ビズリーチ、Wantedly、転職ドラフト、Forkwell Agentなどで募集をかけましたね。⼀つのサービスを利⽤していると、どうしても⼈材が枯渇してしまうのですが、そういった時も、新しい⼈材を探す先を積極的に考えてくださいました。また、スカウト⽂⾯の作成に関してもサポートいただきました。我々でさえ書くのが難しいのですが、各エンジニアにしっかりとヒアリングをした上でブラッシュアップしてくださいました。これは、Sparkさんならではのプロのスキルだと思います。

Spark を利⽤して、良かった点を教えてください。

⾈越さんは、毎回定例ミーティングに参加してくださるので、困った時にすぐ相談ができ、まるでうちの仲間と仕事しているような感覚です。これまで様々な職種の採⽤に携わっていらっしゃった、⾈越さんのプロの視点からアドバイスをいただけて本当に助かります。また先ほどもお話ししたように、スカウト⽂⾯の作成など、実務までお願いできるのも⼼強いです。ただ対象者をリストアップしてメールを送るだけでは中々反応が返ってこないのですが、⾈越さんは我々が求める⼈材にしっかり狙いを定めて、中⾝の濃い⽂⾯を作ってくださいます。

⼀刈

わたしも同感です。⾈越さんに会わない⽇はないくらいで、もう仲間のような存在です。採⽤のプロがすぐ側にいると思うと、とても⼼強いですね。個⼈的にキャリアを広げるために、中途採⽤にも挑戦し、はじめは求⼈票の書き⽅すらわからない状態でしたが、⾈越さんが⼀から丁寧に教えてくださいました。他にも各責任者へフィードバックを⾏なっていただいたり、エージェントから紹介が中々上がってこない時に窓⼝になってくださったり、ありとあらゆる場⾯でサポートいただいています。

今回は、どのような⼈材を採⽤できましたか?

⼀刈

GMOアドマーケティングに営業職4名、広告コンサル2名、編集担当1名、マネタイズ担当1名、エンジニア1名の合計8名採⽤できました。またGMO NIKKOでもスカウト経由で営業1名、広告コンサル1名、社内SE1名、合計3名採⽤できました。

先ほど少し話しましたが、Greenというスカウトサービスで、インフラエンジニアを採⽤できたのは本当に⼤きかったです。スペシャリストを⽬指す向上⼼の⾼い⽅で、最後まで迷っていらっしゃったのですが、フォローについても⾈越さんにサポートいただき、⾯談などを通して本⼈の悩みを解消でき、うちへの⼊社を決意してもらえました。

今後「Sparkとこういった取り組みをしていきたい」といったことはありますか?

ネット広告業界における⾃社の強みを作り、もっと外部に発信することです。そうしないと採⽤活動をいくら頑張っても、最終的な採⽤には結びつかないからです。Sparkさんには第三者⽬線のアドバイスをいただきながら、弊社の個性について⼀緒に考えてもらいたいです。

⼀刈

「GMO」というネームバリューから応募してくださる⽅は結構いらっしゃいますが、GMOアドパートナーズならではのイメージはまだまだ定着していません。どのように弊社の魅⼒を外部に打ち出していくかといったブランディング⾯で、今後Spark さんと⼀緒に取り組んでいけたら嬉しいです。